フィラリア予防/領下動物病院

2020/10/21 ブログ

フィラリア予防薬を月1回 しっかり投薬していきましょう!

 

こんにちは。

岐阜市の領下動物病院 院長河田です。

 

よく フィラリア駆虫薬を いつまで やるの?と 聞かれることが ありますが 当院では 12月 ないし 11月末尾までの 投薬を勧めています。

 

春に フィラリア検査をし フィラリア薬 1ヶ月分や 数ヶ月分の処方だけで その後の投薬を 忘れてる飼い主さんも チラホラ みえるので 忘れないで 投薬してあげてくださいね。

 

フィラリア予防と よく 言われてますが フィラリア薬は どちらかといえば 駆虫薬となります。 蚊🦟に体内にいる フィラリアの子虫が 蚊の吸血により わんちゃんや猫🐱ちゃんの皮膚に入り込み そこで 暫く 生活します。 

フィラリア薬は その 皮膚組織にいる子虫を 1ヶ月に1度の投薬で まとめて 駆虫しています。投薬を忘れると 子虫は 駆虫されず 脱皮を繰り返しながら 心臓に向かい 寄生となります。

 

写真は フィラリア検査キッドです。 残念ながら このわんちゃんは フィラリアに感染しています。

 

忘れないで 投薬して あげてくださいね。

 


 

 

領下動物病院

岐阜県岐阜市領下6-17-1

犬・猫のデンタルケアや鍼灸治療、薬浴療法などで

大切なペットの健康を守ります。

不安なことがあればお気軽にお電話ください。

お問い合わせ:058-245-0059