レントゲン現像機の液交換と清掃/領下動物病院

2020/11/16 ブログ

こんにちは。

岐阜市の領下動物病院 院長河田です。

 

日々 レントゲン撮影してると レントゲン現像機の現像液や定着液などの劣化により レントゲン写真の写りが 悪くなっていきます。

 

レントゲン写真が 悪くなってきたので 現像機内の液交換と清掃を行いました。

清掃したばかりだなあ と 履歴を調べてみたら まだ 1ヶ月前に 交換したばかりでした。撮影枚数も 多いわけでは ありません。日頃の温度なども 劣化に影響するんでしょうかね?通常 2ヶ月間位で 交換 清掃していますね。

 

交換時期が 長い時は 4ヶ月という時が ありました。冬から 春にかけてでした。履歴見たら 確かに 寒い時期は 長そうです。

 

今回 交換したので 春まで レントゲン写真が 綺麗な写真で続いてくれる事を 願います。 あ、そうそう 清掃の期間が短いと 現像機内の汚れが 少なくて 楽な点は ありますね。


領下動物病院

岐阜県岐阜市領下6-17-1

犬・猫のデンタルケアや鍼灸治療、薬浴療法などで

大切なペットの健康を守ります。

不安なことがあればお気軽にお電話ください。

お問い合わせ:058-245-0059